私は10年以上英会話教室に通っていました。
そこで感じたことは学生時代には味わえない、英語の楽しさを知ったことでした。

外国語は外国人が日常的に使っている言葉です。
それは日本人が日本語を使っているのと同じ感覚です。

生きた英語を学ぶためには、やはり机上だけの勉強では限界があると思いました。
私はいろいろな国の英語圏のネイティブの先生から英会話を学びました。

それは学生時代に暗記だけの英語の授業とは全く違っていました。
もし、学生時代も生きた英語を学ぶことができていたら、私は今よりも英語が好きになり、使えるようになっていたと思います。

普段の生活で英語を使う機会はありませんが、それでも英会話学校に通っていない今でも英語の勉強は続けています。
その目的は使える英語の習得です。

私の弱点はボキャブラリーの少なさですが、英語の学習を通じて、少しでも多く習得していきたいと思っています。
その為にも毎日少しずつでも英語の勉強を続けていこうと思っていますし、実践で使える英語を身につけていきたいです。