友人の娘さんが、アメリカ留学をすることになり、娘さんは、ある程度英語ができますが、まだまだ留学する前だったため、娘さんを連れて、友人からの依頼で、一緒に学校の面談の通訳へ行きました。アメリカの学校の校長先生が日本に来日している際の面談だったので、日本国内での通訳になりました。親として細かいことも聞きたいという友人の気持ちがわかっていたので、事前に聞きたいことを聞き、ある程度の質問などは、準備して行きました。

面談というほど堅苦しい場所ではありませんでしたが、建前上、面談ということで、こちら側もとっても気持ち的に少し緊張しましたが、ネイティブな英語なので時々出てくるわからなかった単語については、もう一度、簡単な単語を使って言ってもらえますかとお願いしました。相手の方も、ゆっくりなスピードではありませんが、わかりやすいように説明してくれたので、自信持って、友人にも通訳することができました。あまり難しく日本語にすることは会話の上で、わかりにくいため、できる限り普通の会話で使う言葉を使いました。